So-net無料ブログ作成
検索選択
鉄なお話し ブログトップ

懐かしい鉄道写真 [鉄なお話し]

2011年12月18日(日)更新



こんにちは。olegonです。

懐かしい「鉄道写真」が「引き出し」から出てまいりましたので、
本日は数点をご紹介したいと思います。。。

まずはこちら。冒頭でもご紹介しておりますが。。。



「国鉄奈良駅」奈良機関区です。おそらく1977年頃だと思います。
幼い頃「D51(デゴイチ)」が走っておりましたので、「廃止」から「ディーゼル」に
切り替えられた後も、その「名残」がありました。
奈良の親戚の家に「お泊り」に行った際も「汽笛」が聞こえていたのを覚えています。
「転車台」はまだ「現役」で「動く」ようでした。。。



こちらは「高知の田舎」へ帰る途中で撮影したものです。
いつ頃かは「不明」です。家の車は当時「ダットサン・サニー1200」でしたので、
その「車窓」からの撮影です。上の写真が「多分高知県内」だと。。。
山の所に「小さく」見える「緑の鉄橋」が「国鉄土讃本線」です。
下の写真は「多分徳島県内」だと。。。国道沿いです。。。
急行「よしの川」が走ってきています。。。



こちらは大阪にある「交通科学博物館」で撮影しました。いつ頃かは「不明」です。。。
自宅近くの路線を、この「くろしお」が走っておりました。。。
「憧れの特急」でした。「運転席」に座って「満喫」したものです。
・・・ディーゼルエンジンの「におい」も忘れずに満喫(苦笑)。。。
「交通科学博物館」と言えば「屋外」に「客車」を改造した「食堂」がありまして、
そちらで「カレーライス」を食べる事が、当時の少年達の「ステータス」でした。。。



こちらは小学生の頃だったと思います。「友達」から「もらった写真」です。
「これ、まだ、持ってたんだ・・・」と、懐かしくなりました。
「竜華機関区」の「EF15」貨物の写真です。。。

最後になりましたが、これらの写真を「保管」していたのが「フォトカセット」と
言うものに「保管」しておりまして、いわゆる「カセットテープ」を入れておく
「プラケース」のような「体裁」になっています。

この「ケース」がとても「懐かしい」ので「おまけ」として「ご紹介」させて頂きます。

こちら。。。



「サクラカラー」の「いとうまいこ」さんです。。。(微笑)

nice!(24)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

昭和の硬券 [鉄なお話し]



こんにちは。olegonです。

あまり「使わない」物を入れている「ダンボール箱」から、
昭和の「懐かしい」ものが見つかりました。

久々の「マニアック鉄ネタ」ですが、お付き合い頂けましたら幸いでございます。(^^)

昔は「電車」に乗る時に「券売機」という物が無かった為、「窓口」で「係員」の方に
「大人1人○○まで」・・・みたいな感じで「切符」を購入しなければなりませんでした。
その「切符」は「硬券」と言われ、「厚めの硬い紙製」の「切符」で、「改札口」で
「パンチ」を入れてもらったりします。

見つかったのは、その「硬券」と言われるもので、「乗車券」ではありませんが、
「入場券」で、「昭和54年から昭和56年」にかけてワシが「収集」した物のようです。
「入場券」を集めていたんですねぇ~~ワシって。。。(^^)

まずはこちらです。


国鉄「土讃本線・土佐山田駅(とさやまだ)」昭和55年の入場券です。
当時は「土讃本線」なんですね。今は「土讃線」ですが。田舎の親戚の家に「お泊り」に
行った際に「購入」したと思われます。


国鉄「土讃本線・後免駅(ごめん)」昭和55年の入場券です。
何も悪い事していないのに「ごめん」です。(微笑)上の「土佐山田駅」の近くなので
同じ日に「購入」したと思われます。


国鉄「土讃本線・佃駅(つくだ)」昭和56年の入場券です。
当時は「駅員」さんがいましたので、窓口で「購入」できたのですね。田舎に帰る途中に
少し「寄り道」して「購入」しました。その寄り道した事を「父親」に「ブツブツ」・・・
言われた事、今でも何だか覚えています。。。(^^)


国鉄「土讃本線・大杉駅(おおすぎ)」昭和54年の入場券です。
日付が「古い」です。しかも「料金」が「100円」に変更されているのに、「80円」のまま
使っているので、「料金変更」の「ハンコ」が押されています。

今では、なかなか「手に入れる事」ができなくなった「硬券」です。
昔の思い出と共に「昭和っていい時代だったんだあ~」・・・って思うと・・・
若干「黄昏?」てしまいました。(^^)

最後に「おまけ」です。いっしょに見つかった「硬券」です。
これだ!ワン・ツー・スリー。(←某ベストハウス風?)



昭和55年の「南海フェリー」の「乗船券」です。こちらも「硬券」です。
当時は「和歌山港~小松島港」航路でした。。。(^^)


nice!(20)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

運転室展望ビデオ「JR予土線」 [鉄なお話し]



こんにちは。olegonです。

カミングアウトします。・・・と申しましても、
そんな大層な事ではないのですが。。。

実は鉄道好きの「鉄ちゃん」であります。
しかしながら、乗ったり、写真を撮ったりする感じではなく、
浅く広く?全般的に「鉄道が好きだなぁ」という感じの「鉄ちゃん」です。

幼少の頃は「近鉄特急の運転士」になる事が夢でしたが、
その夢もどこへやら、畑違いの道を突き進んでおります。
当時から「運転士さん」に一目おいていましたので、先頭車両に乗って前を見ているのが
何よりの楽しみでした。

さて、巷では色々な「鉄道ビデオ」が販売されていますが、それらの中に
「運転室展望ビデオ」という種類があります。
これは運転室からの風景をリアルタイムで撮影しただけの「展望ビデオ」なんです。
「運転士フェチ?」にはたまらないビデオなんです。
運転士になった気分で鑑賞できるのですが、ちょっとした「旅行気分」を味わう事も
できます。

そんな「鉄ちゃん」が最近買ったビデオが「運転室展望ビデオ・JR予土線」です。
JR予土線は、四国愛媛県は「宇和島駅」から、高知県の「窪川駅」までの走行路線です。
「プチ情報」としまして、実際の予土線区間は「窪川駅」のひと駅手前の「若井駅」から
「宇和島駅」のひと駅先の「北宇和島駅」の区間が「予土線」となりますが、
列車は「窪川駅」「宇和島駅」区間を走行します。
「予讃線」区間と「土佐くろしお鉄道」区間をそれぞれ、ひと駅分走行しています。
「マニア」です。

この予土線の沿線なんですが、とても美しい風景が広がっています。日本最後の清流と
言われている「四万十川」沿いに走っている区間があり、心がとても和みます。
この程オープンした「海洋堂」さんのミュージアムもこの沿線にあります。



「宇和島駅」から「窪川駅」まで、実際に「運転した気分」でビデオを見ると
120分程になるのですが、沿線風景が「のどか」で美しいので、途中で眠たくなってしまい、
まだ全区間走破するに至っておりません。(汗)
そのうち走破する予定でございます。(苦笑)

「この手?」のビデオを他にも数本所持しておりますので、追々、プチ情報もいれつつ、
簡単にご紹介できたらと思っております。

「鉄ちゃん」と言うわりには、普段の移動はほとんど「車」なので、
ここ10年程、電車に乗った事がありませんです。(苦笑)


nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
鉄なお話し ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。